ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】


ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 h01
ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 h01 ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 h02 ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 h03
ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 f04 ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 f05 ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 f06

ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 (1669675)

販売状況 :

出荷目安 :

販売価格 :(税込)

amazon pay    ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】を カートに入れる    送料無料

代金引換    クレジットカード

>商品詳細<    >お問合せ窓口<

amazon payment


ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】f00
おしゃれなだけでなく使いやすい優秀バッグ。

<中身が見えない!>
巾着をぎゅっと絞れば中身を目隠しできます。

<たっぷり収納>
ハンドバッグは携帯電話などの収納に便利な内ポケット付。マチも広めで収納しやすく、取り出しやすい仕様です。


トートバッグはA4サイズも入る大きさで書類や雑誌などもすっきり収まります。

●トートバッグにはプレゼント付!特注のガムランボールアクセサリー
身につけていると願いが叶うといわれる別名ドリームボール。揺れるとやさしく美しい音色がします。

【価値あるアタバッグを一人でも多くの日本の皆様に!】
アタはインドネシアに自生するシダ科の植物。原材料となるアタだけでなく、それを編む職人も年々減少しており、今となっては地元インドネシアでもアタバッグは貴重品です。一人でも多くの日本の皆様に愛用していただけるよう、心を込めてデザインしています。

【完成までに最低でも40日。一つ一つ職人が手作りする貴重なバッグ。】
バッグ本体は天然素材アタで作られています。インドネシアに自生するアタの茎を、細かく裂いて表面を滑らかにし、長さや太さを整え紐状にしたものを編んだのがアタバッグです。アタには数種の伝統の編み方があり、それぞれ専門の職人がいます。1つのバッグは、持ち手や本体を複数の職人が手編みしたものを、編み合わせて仕上げられています。バッグは天日で乾燥させ、ヤシの実の皮を燃やした煙で繰り返し燻して、独特の艶と質感に。最後にバリ伝統のバティック生地の巾着を取り付けて完成です。すべての工程は手作業で、最短でも約40日はかかることから貴重なバッグとなっています。


ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】f01
ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 f01 ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 f02 ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 f03
ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 f04 ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 f05 ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 f06

ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】 (1669675)

販売状況 :

出荷目安 :

販売価格 :(税込)

amazon pay    ナルミニさんのアタバッグ 【2: ハンドバッグ コン】を カートに入れる    送料無料

代金引換    クレジットカード

>商品詳細<    >お問合せ窓口<

amazon payment


おしゃれなだけでなく使いやすい優秀バッグ。

<中身が見えない!>
巾着をぎゅっと絞れば中身を目隠しできます。

<たっぷり収納>
ハンドバッグは携帯電話などの収納に便利な内ポケット付。マチも広めで収納しやすく、取り出しやすい仕様です。


トートバッグはA4サイズも入る大きさで書類や雑誌などもすっきり収まります。

●トートバッグにはプレゼント付!特注のガムランボールアクセサリー
身につけていると願いが叶うといわれる別名ドリームボール。揺れるとやさしく美しい音色がします。

【価値あるアタバッグを一人でも多くの日本の皆様に!】
アタはインドネシアに自生するシダ科の植物。原材料となるアタだけでなく、それを編む職人も年々減少しており、今となっては地元インドネシアでもアタバッグは貴重品です。一人でも多くの日本の皆様に愛用していただけるよう、心を込めてデザインしています。

【完成までに最低でも40日。一つ一つ職人が手作りする貴重なバッグ。】
バッグ本体は天然素材アタで作られています。インドネシアに自生するアタの茎を、細かく裂いて表面を滑らかにし、長さや太さを整え紐状にしたものを編んだのがアタバッグです。アタには数種の伝統の編み方があり、それぞれ専門の職人がいます。1つのバッグは、持ち手や本体を複数の職人が手編みしたものを、編み合わせて仕上げられています。バッグは天日で乾燥させ、ヤシの実の皮を燃やした煙で繰り返し燻して、独特の艶と質感に。最後にバリ伝統のバティック生地の巾着を取り付けて完成です。すべての工程は手作業で、最短でも約40日はかかることから貴重なバッグとなっています。